『食育』を家庭科授業と連携

実施日
平成26年6月16日(月)
開催地
江東区立深川第五中学校
対象
中学校1年生 161名
おいしい給食は毎日楽しみにしています
おいしい給食は毎日楽しみにしています

給食で人気のわかめメニュー

家庭科の授業の中で「食生活と自立」という単元に合わせ今回のわかめ授業を実施頂きました。
栄養士の先生と家庭科の先生とのスムースな連携で授業はスタート!

「食物繊維」は摂りたい栄養素の一つなんですよ・・・
と先生の説明にも力が入ります。

食育は家庭科授業と連携して食育は家庭科授業と連携して

授業後の給食時間に各教室を訪問しましたが給食は、ほぼ完食!
「おかわりー」との声がたくさん聞こえてきました。

深川五中の人気メニューの中には「わかめサラダ」や「もやしとわかめのごまじょうゆ和え」等が入っていると!

わかめの産地は三陸地方わかめの産地は三陸地方

実際に触れると楽しいー実際に触れると楽しいー

初めての感触は驚きと発見ばかり初めての感触は驚きと発見ばかり

東京都江東区立深川第五中学校 学校栄養職員・森田外茂子先生のコメント

 

「食育」の推進として、家庭科の授業で外部の出前授業を取り入れています。「わかめの学習」はまさに、わかめの原藻(めかぶ・茎わかめ・葉)に直接手で触れ、五感を活かし子どもたちは驚きの連続でした。生態系や歴史、栄養面など「わかめ」博士からの正しい知識に興味・関心を持つことができました。また、「わかめ」を食べることは生活習慣病を防ぐ効果があることなどを知る良い機会となりました。
「挑戦なくして、成長なし」 学校経営方針

ページの上へ