石狩担々鍋

9月15日:石狩鍋記念日
「石狩鍋」は、鮭のぶつ切りやアラと、たっぷりの野菜を一緒に煮込んだみそ仕立ての鍋で、北海道を代表する郷土料理です。給食向けに、子どもたちの大好きな「担々麺」のピリ辛ごま風味にアレンジしました。

つくりかた
1人分出来上がり重量目安:200g(3人分調理時)

  1. 生鮭と木綿豆腐はひとくち大に切る。
  2. 白菜は葉と軸に分けてザク切りにする。春菊はザク切り、長ねぎは斜め切り、にんじんは半月切りにする。まいたけは小房に分けておく。
  3. 鍋に(A)を入れて火にかけ、沸騰したら1.の生鮭、2.のにんじん、白菜の軸、長ねぎの順に入れて、火がとおるまで煮る。
  4. 3.に1.の豆腐、2.の春菊、白菜の葉、まいたけを加えて、全体に火がとおるまで煮る。
石狩担々鍋

マメ知識
鮭はビタミンが豊富な魚で、特に多いのはビタミンD。カルシウムと一緒に摂取することで、さらに吸収率アップ!子どもの成長に必要なビタミンB群もすべて含んでいる。

材料(1人分)分量(g)参考価格(円)
生鮭 15 11.3
木綿豆腐 20 5.4
白菜 25 1.6
春菊 12 6.0
長ねぎ 12 3.6
にんじん 12 1.4
まいたけ 8 6.0
香煌 担々麺スープの素(A) 12 13.8
みそ(A) 4 1.0
水(A) 100 -
合計50.1円
エネルギー(Kcal) 95
たんぱく質(g) 7.7
脂質(g) 4.5
炭水化物(g) 6.4
カルシウム(mg) 87
鉄分(mg) 1.1
レチノール当量(μg) 114
V.B1(mg) 0.38
V.B2(mg) 0.09
V.C(mg) 4
食物繊維(g) 2.2
食塩相当量(g) 1.8

(1人分当たり)

このレシピで使用した理研ビタミンの商品

ページの上へ