給食だより

拝見! 皆さんの給食だより

「給食だより」は子どもや家庭への、食育指導の強力なツールです。各地で学校栄養士(栄養教諭)の皆さんがアイデアと工夫をこらして発行されている「給食だより」をご紹介します。掲載した給食だよりは、PDF(*)で閲覧でき、A4用紙で印刷もできます。
* Adobe® Reader®(無料)が必要です(最新バージョンのAdobe Readerのダウンロードからダウンロードしてお使いください)。

送られてきた給食だより

給食だより・リスト

「学校と家庭の橋渡しに」

福島県福島市南部学校給食センター 栄養教諭・安田幸子先生

学校給食における旬な情報を、見やすくお届けできるよう心がけています。学校と家庭の橋渡しになればと思っています。

福島県福島市南部学校給食センター
給食だよりをPDFで見る(0.73MB)

「児童や家族が見て、楽しくわかりやすく」

三重県桑名市立大山田東小学校 栄養補助員・有満俊江先生

桑名市では、毎月の学校給食献立表の裏に学校給食だよりを掲載しております。地元の良さを知ってもらうために、桑名や三重県で生産された食材を給食に取り入れ、紹介している「たのしみひとしな ふるさと発見ランチ」の説明と、各月の注意事項などです。児童また家族が見ても楽しくわかりやすい内容にしてあります。 7月は、桑名で生産された「手延べ冷麦」、三重県産大豆を使った「美味し豆腐」です。その他「夏の食生活」の注意点を、イラストを使って記載しました。

三重県桑名市立大山田東小学校
給食だよりをPDFで見る(0.13MB)

「圏内の産品を使用し説明を」

北海道北空知圏学校給食センター 栄養教諭・東裕子先生

北海道北空知圏学校給食センターは1市4町の学校給食を提供しています。したがって1市4町の地場産品を使用し、毎月の献立表には、使用した地場産品を明らかにし、説明等を明記しています。4月から、新1年生は初めての給食となるので、食材の取り扱いや衛生管理についての説明を記載しました。

北海道北空知圏学校給食センター
給食だよりをPDFで見る(0.10MB)

「食育の実践を継続できるように」

愛知県岡崎市立矢作西小学校 栄養教諭・吉川遥可先生

「めざせ!魚大好きっ子」…学校で実施した食育の内容をご家庭で継続して実践していただけるように、授業の内容を知らせるお便りを配布しています。楽しく学習に向かっている子どもたちの姿や声を多く掲載するようにしています。

愛知県岡崎市立矢作西小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.21MB)

「給食で家庭とつなぐ食育の輪」

東京都江戸川区立一之江小学校 学校栄養職員・高橋富士子先生

本校の給食便りは、1面は給食目標・栄養目標を具体的に示し、2面は保護者の皆様向けに食の情報や「選食力」を培うことを目的としたバイキングの様子、食育報告などをしています。盛りだくさんの内容ではありますが、親子で読んで学校と家庭の両面から子どもの食の力・健康・成長を育みたいと考えています。

東京都江戸川区立一之江小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.21MB)

「栄養・衛生の最新情報をお届けします」

三重県伊勢市中学校給食共同調理場 栄養教諭・西山なつ先生

「いせスクールランチ」は、毎月、学校給食実施献立表とともに家庭に配布しているお便りです。その内容は、保護者や地域の方が目にする機会の少ない、国(文部科学省など)や県から出される栄養管理や衛生管理、食物アレルギー対応などにかかわる最新情報とともに、共同調理場における献立管理や地産地消の取り組み、食育に関することなどについてのお知らせです。

三重県伊勢市中学校給食共同調理場の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.21MB)

「今年度は野菜がテーマ」

愛知県岡崎市立矢作南小学校 栄養教諭・金丸裕美先生

食育だよりは、親子で楽しく読めるようなものになるように心がけています。家庭の食卓で話題になるような内容を選び、イラストや見出しを工夫して目を引くようにしています。今年度は、野菜をテーマにしています。朝ごはんや、献立の話などに関連させながら野菜の摂取量や働きを伝えています。愛知県民は野菜の摂取量が少ないと言われているので、家庭への啓発は大切だと感じています。

愛知県岡崎市立矢作南小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.7MB)

「毎月の行事に添う情報を発信」

北海道紋別市潮見地区共同調理場 学校栄養職員・五十嵐美幸先生

「らんちたいむ」はお昼の時間からの発信という意味で、毎月1回、献立表と一緒に発行しています。
食に関する事や月の行事に添うような内容を心掛けています。また保護者への情報提供として、人気のある献立などのレシピを掲載しています。

北海道紋別市潮見地区共同調理場の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.5MB)

「写真を交え家庭に発信を」

千葉県千葉市立幸町小学校 栄養教諭・内藤裕美先生

本校は、27年度の統合により新設されたばかりです。新しい環境の中で、給食や食に興味・関心を持ってもらいたいと考え、食育指導を進めています。毎月の「食育だより」では、献立のねらいや月の話題を掲載しています。そして授業のふり返りや家庭への発信ができるように、写真などを交えて作ることを意識しています。

千葉県千葉市立幸町小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.6MB)

「センターと家庭のつながりを」

福島県本宮市本宮方部学校給食センター 栄養技師・安田幸子先生

一方的な知識や情報の提供ではなく、給食センターと家庭がつながるような内容となるよう心がけています。

福島県本宮市本宮方部学校給食センターの給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「“食育の力”を保護者に伝える」

大阪府阪南市立下荘小学校 栄養教諭・桐野智恵子先生

食育だよりは『魔女の宅給便』と題して出しています。ある先生が、好き嫌いの多い1年生児童に「給食はね、栄養士さんが、誰でもおいしく食べられるように、魔法をかけているよ」と言ったところ、「ほんとうだ、おいしい!」と食べた…というエピソードから名付けました。
子どもたちは苦手な野菜でも、自分で育てたり、自分で調理したりすると、まるで魔法にかかったように食べてくれます。そんな食育の力を保護者の方々にお伝えしています。

大阪府阪南市立下荘小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.8MB)

「児童と保護者、話題の共有を」

愛知県稲沢市立坂田小学校 栄養教諭・則武和美先生

食育だより「いただきます」を月1回、年間計画での栄養目標に基づいた内容や、学校での児童の様子等、家庭・地域に発信しています。本校では、食育の一環として、児童による栽培活動を盛んに行っています。その活動内容も同時に給食農園だよりとして掲載しています。また、保護者の方には、興味をもって見ていただけるように、その月の好評献立を紹介し、家庭でも気軽に作ってもらえるように、わかりやすく紹介しています。児童と保護者が、食育の話題を共有することで、食育の推進につながっていくと思います。

愛知県稲沢市立坂田小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.5MB)

「年間計画に沿って伝えたい内容を分かりやすく」

宮崎県宮崎市学校教育研究会栄養教諭・学校栄養職員部会

毎月の食育だよりは、年間計画のテーマに沿って担当者が小学校、中学校に分かれてそれぞれの視点から作成し、市内統一の内容で配布しています。11月のテーマである「宮崎の食材を知ろう」に合わせて、今回は、宮崎県の食材について紹介しています。また、たよりには、給食で出されている旬の献立や人気の献立を家庭で作りやすい分量にて毎月載せています。給食にこめた思いや旬の味覚を家庭でも味わってもらいたいなと思っています。

宮崎県宮崎市学校教育研究会栄養教諭・学校栄養職員部会の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「読書週間に合わせ食育の本を紹介」

北海道旭川市立向陵小学校 栄養教諭・佐藤真由美先生

11月4日から24日までの3週間は、向陵小の読書週間です。学校の年間行事と関連させ、食育に関する本を選び、読書を勧めています。11月の給食だよりは、給食目標の「感謝して食べよう」とあわせて、現場で働く図書支援員さんと協力して、地産地消生活を呼びかけました。

北海道旭川市立向陵小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.6MB)

「朝食や食事内容の啓発に」

栃木県鹿沼市学校給食共同調理場 栄養教諭・小出真美子先生

給食だよりは、毎月、献立予定表の裏面に掲載します。年間計画に基づき、市内統一の内容です。保護者の希望で、給食の料理を紹介しています。旬の食材が入った、栄養的にも優れた、家庭でも食べてほしい料理です。今年度は、さらに朝食喫食、食事内容の充実を啓発しています。(参考文献:少年写真新聞社「食育ブック⑤1年間の食育」)

栃木県鹿沼市学校給食共同調理場の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「食育キャラクターが“食”の情報発信」

栃木県宇都宮市立田原中学校 栄養教諭・塚原治子先生

毎月給食だよりを発行するとともに、小中一貫教育として地域の小学校と合同で、年に3回食育だよりを発行しています。食育だよりは地域の特性を生かした内容にし、給食だよりは季節の行事や学校行事などと関連した内容にして、日々の「食」が身近に感じられるよう、学校の食育キャラクター「たわランチ」が登場し、情報を発信しています。

栃木県宇都宮市立田原中学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「片面のこども食育だよりを拡大、給食指導にも活用」

東京都千代田区立富士見小学校 栄養教諭・坂本靖子先生

給食献立表や食育だよりは、毎月学校から家庭へ食育を発信するための大事なお便りです。食育は給食活動が基本との考えから、A4サイズの片面は「子供向け」に給食月目標を具現化した内容です。拡大して、給食時間の指導資料にも活用します。もう片面は「保護者向け」に食に関する記事や学校での食育活動などを知らせています。

東京都千代田区立富士見小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.7MB)

「給食は『教材』、教科や担任との連携を」

練馬区立八坂中学校/(公社)全国学校栄養士協議会理事 栄養教諭・飯島敬子先生

給食は「教材」として日々、活用すること。これが学校における食育(食に関する指導)の中心となります。毎日の給食にねらいをもたせ、日々の給食を通して食に関する指導を継続していくことで、学校における食育の70~80%は達成できます。
また、給食の献立を教材として授業で活かす指導は、教科学習として理解した知識が生きて働く場面の一つとなります。どちらにしても学校での食育推進のためには、食育の視点を踏まえた食に関する指導(教科との連携や食育の授業)と給食指導の工夫と充実が重要になっています。

東京都練馬区立八坂中学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(1.8MB)

「家庭や地域が興味持つ情報を発信」

滋賀県守山市立守山小学校 栄養教諭・廣田美佐子先生

本校では、食育の目標を「楽しむ食・体験する食・考える食」として取り組みを進めています。その基本となる給食は、市内9小学校統一で日ごとにテーマを決めた献立を実施しています。家庭への食育の情報は、毎月の給食だより「ぱくぱく」、年4回発行の食育だより「食育もーりもりつうしん」に掲載し、食に関する指導や毎月実施しているテーマに合わせた献立の内容や人気メニューの作り方などを発信しています。家庭や地域の方々が興味や関心を持っていただける内容にすることが、食育を定着することにつながると思っています。

滋賀県守山市立守山小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.8MB)

「季節や学校行事の食情報を家庭に」

福島県白河市大信学校給食センター 学校栄養職員・上遠野朋子先生

給食だよりは、月1回を目安に発行しています。主に給食や、食育に関することを掲載しています。特に季節における食に関する情報や、学校での食の行事などを、タイムリーに家庭へ発信できるようにしています。

福島県白河市大信学校給食センターの給食だより
給食だよりをPDFで見る(1.1MB)

「『給食だより』の他に年数回『食育通信』を発行」

北海道札幌市立西園小学校 栄養教諭・金井智恵先生

本校では「いただきます」と題した給食便りを、毎月1回発行しています。その時々の話題と献立を中心に構成しています。献立については、可能な限り使用食材や簡単な作り方を書き、献立名だけではイメージしづらい料理の内容をご家庭に伝えられるように工夫しています。また、給食便りだけでは伝えきれない情報を「食育通信」として、年に数回発行しています。いずれも学校給食を少しでも身近に感じてもらうことを願い、作成しています。

北海道札幌市立西園小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(133KB)

「学校の様子を知らせ家庭と連携」

三重県三重郡朝日町立朝日小学校 栄養教諭・佐藤陽子先生

食育だよりでは、「給食時間の様子」や「給食目標についての内容」や「食育の授業の様子」などを掲載しています。学校の様子をお知らせした上で、家庭でも協力してほしいことなどをのせ、連携して食育を進めることができればと願っています。また、給食のレシピを知りたいというご意見もあり、できるだけのせるようにしています。

三重県三重郡朝日町立朝日小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(88KB)

「特別給食のレシピ載せ、家庭の献立の参考に」

滋賀県栗東市学校給食共同調理場 栄養教諭・南井里美先生

食育だよりは、「食に関する指導」として学校で実施した学習内容や、児童の感想などを掲載し、学校での食育を保護者に知らせるようにしています。特別給食を実施したときは献立内容やレシピなども載せ、家庭での献立の参考になれば…と思っています。

滋賀県栗東市学校給食共同調理場の給食だより
給食だよりをPDFで見る(417KB)

「地域に届け!給食室は食情報の発信基地」

鹿児島県鹿児島市立田上小学校 栄養教諭・尾川敬子先生

本校は単独調理方式で655名分を栄養教諭1名、給食技師4名で提供しています。児童は給食をとても楽しみにしており、保護者や地域の住民の給食への関心も高く、試食会やふれあい給食などには毎回多くの方が参加してくださっています。毎月発行する食育だよりでは、食に関する情報や健康に関わる情報を発信しています。食育だよりが学校と地域の健康づくりのかけ橋になることを願っています。

鹿児島県鹿児島市立田上小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(863KB)

「読まれるように工夫」

福島県鮫川村学校給食センター 学校栄養職員・芳賀公美先生

児童生徒や保護者のかたが「読んでみようかな」と思うように、写真やイラストを使用して作成しています。

福島県鮫川村学校給食センターの給食だより
給食だよりをPDFで見る(580KB)

「中学生にも作れるレシピが好評」

北海道旭川市立神楽中学校 栄養教諭・星野美香先生

1月は食育目標「給食週間について語ろう」にあわせて、旭川の給食の歴史を紹介し、昔の給食を再現した献立も実施しました。食器の違いや、びん牛乳に驚いたり「懐かしいってお母さんが言ってたよ」など、ご家庭でも話題になった事を生徒から聞くとうれしいです。献立表が主の給食だよりですが、給食目標に沿った内容を出来るだけ取り入れています。最近は、新しい献立の説明や作り方、デザートや夜食の作り方など中学生が取り組めそうなレシピも好評です。

北海道旭川市立神楽中学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(153KB)

「幼小中高一貫校の給食・食育の取り組み」

横浜英和学院 学校栄養職員・内田良子先生

私立の幼小中高の給食を、55年間行っています。毎日1500食を9名で作っています。給食の時間、集会や総合学習で対象者に合わせた食育に取り組んでいます。幼稚園から高校を卒業するまでに、食事のマナー、自分の適量、栄養バランス、食べ物を選択する力、感謝の気持ちを身につけられるように指導したいと考えています。

横浜英和学院の給食だより
給食だよりをPDFで見る(153KB)

「先生方のレシピで野菜を食べるきっかけに」

東京都立葛飾ろう学校 栄養教諭・長瀬真奈美先生

本校は、幼稚部・小学部・中学部・高等部までの、3歳から20歳の子ども達が通う学校です。どの学部の子ども達も給食だよりに興味・関心をもち、保護者と一緒に読んでもらうために、各学部の情報を平均的に載せています。
また本校の食生活実態調査の結果、野菜を苦手とする子ども達が多かったため、改善策として、先生方の野菜のレシピを載せ、野菜を食べるきっかけ作りにしています。

東京都立葛飾ろう学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(485KB)

「毎月1回、献立表と共に保護者に情報提供」

神奈川県茅ヶ崎市学校給食共同調理場 学校栄養職員・石坂歩美先生

「給食ニュース」は毎月1回、献立表と一緒に発行しています。食に関する指導、試食会、残食量調査などの行事の様子や、月の献立に合わせたテーマ、給食のレシピの紹介などを掲載しています。保護者への情報提供の大切な場と考えています。クラスには毎日、「ミニ給食ニュース」として、その日の給食にあわせたお便りを出しています。

神奈川県茅ヶ崎市学校給食共同調理場の給食だより
給食だよりをPDFで見る(271KB)

「『料理の基本』掲載して家庭の食育を推奨」

東京都青梅市立学校給食センター藤橋調理場 学校栄養職員・津田沙織先生

青梅市の「給食だより」は、年間テーマを決め年5回発行しています。家庭で調理をする機会が減り、料理の伝承が行われにくくなっていることから、今年度は『調理の基本』と、オリンピックイヤーにちなみ『世界の料理』を掲載しています。給食メニューのレシピも紹介し、給食だよりを通じて家庭への食育の啓蒙やコミュニケーションツールになるよう推奨しています。

東京都青梅市立学校給食センターの給食だより
給食だよりをPDFで見る(1.2MB)

「レシピコンテストを通して食育に興味を」

岩手県奥州市前沢学校給食センター 学校栄養職員・小野寺敬子先生

もぐもぐキッチンは、胆江地区学校栄養士会で作成し発行しています。今年度は、「学校・家庭・地域が連携した食育」の推進をテーマに色々な活動を行っています。その中のひとつとして給食レシピコンテストを実施しました。今回のコンテストを通して親子で一緒に料理する楽しさや、地場産物の良さを知るきっかけになればと思います。

岩手県奥州市前沢学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.5MB)

「クラスに出向き5分間指導を継続」

千葉県安房郡鋸南町立学校給食センター 上席専門員・酒井淳子先生

毎年テーマを決め研修を進めています。23年度は、給食時間における指導を計画し、実施しました。学年、時期に合わせ5分間指導案と資料を作成し、クラスに出向きました。実施した結果、意識は高いが行動が伴っていない児童生徒がいました。継続して指導し、習慣化させていくことを決め、24年度も指導案を見直し続けてまいります。

千葉県安房郡鋸南町立学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.5MB)

「家庭と学校が連携した食育にむけて」

東京都清瀬市立清瀬第六小学校 栄養教諭・柏原奈奈子先生

給食だよりは、月献立表とともに毎月発行しています。1月は学校給食週間の取り組み、4月は学校給食の内容など、各月の給食の様子や行事の紹介をしています。6月は、食育月間ということで、1年間の学校での食育の様子と、家庭で実践していただきたい食育をまとめました。家庭との連携が図れればと考えています。

東京都清瀬市立清瀬第六小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「家庭・地域の協力は知らせることから」

東京都荒川区立尾久宮前小学校 栄養教諭・鈴木恵理先生

本校では1年間を通して、見て触れて感じての体験活動、荒川区伝統野菜の復活、野菜の栽培、栽培した野菜を使った親子クッキング等の食育を実施しています。「食育だより」では、「給食について」、「体験活動の様子」、「児童・保護者の感想」などをお知らせしています。お知らせすることで、家庭や地域の協力を得られると考えています。

東京都荒川区立尾久宮前小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.5MB)

「自分で選んで食べられるように願って」

岩手県金ヶ崎町立学校給食センター 栄養教諭・阿部聖子先生

児童・生徒・保護者に伝えたいことがたくさんあり、おたよりは盛沢山になりがちです。見やすいお便りを心がけ、読んでもらえるお便りを作っていきたいと思います。今回は「野菜のアンケート」と「たべかたピラミッド」です。自分で選んで食べることができるようになってもらいたいと思っています。

岩手県金ヶ崎町立学校給食センターの給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「毎月発行の食育だよりで様々な情報を発信します!」

岩手県一関市西部学校給食センター 栄養教諭・宮城真名実先生

1月号の食育だよりのテーマは「給食記念日」についてです。今年の全国学校給食週間では、岩手や隣県の郷土料理が登場です。このおたよりを家族みんなで読み、様々な食文化や生まれ育った岩手のよさを再発見してほしいという願いをこめて作成しました。また裏面は拡大印刷をして、ポスターとして掲示や食指導の際に活用しました。
≪参考文献≫
2010年12月 食育フォーラム 健学社
たよりになるね!食育ブック〈2〉〈3〉 少年写真新聞社
食育のイラスト「食事と栄養」MPC
郷土食の料理集【全国版】社団法人 全国学校栄養士協議会
独立行政法人日本スポーツ振興センター 学校給食の歴史
http://naash.go.jp/anzen/school_lunch/
/history/tabid/530/Default.aspx

岩手県一関市西部学校給食センターの給食だより
給食だよりをPDFで見る(1MB)

「冬休み中の生活習慣を崩さないために」

岩手県盛岡市立土淵小学校 栄養主査・吉田しづえ先生

本校では、毎年6月と12月に「早寝早起き朝ごはん」に関する全校アンケートを実施しています。今回の給食だよりは、アンケート結果(一部)を知らせながら、早寝早起き朝ごはんの大切さについて、保護者の方々により深く理解してもらい、子どもたちの冬休み中の生活習慣を大きく崩すことなく新学期を迎えさせたい、という願いで作成しました。

岩手県盛岡市立土淵小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.07MB)

「広く市内の方に回覧しています」

宮城県多賀城市立学校給食センター 学校栄養職員・峯岸多加子先生

食育だよりを作成するようになったのは、平成22年4月からで、年間4回を目標にしています。児童生徒を通して家庭に配布するのはもちろんですが、多賀城市内の方にも読んでもらっています。各行政区の班単位に回覧をお願いしています。季節の話題や給食のレシピ紹介等を載せています。

宮城県多賀城市立学校給食センターの給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.7MB)

「便りは月刊のほか、学習に合わせタイムリーに」

石川県金沢市立小立野小学校 栄養教諭・端保千春先生

本校では、食に関する指導年間計画に基づき食育を進めています。食育だよりには、学校での給食や食育の様子、月目標に基づいた食事や栄養に関する情報を掲載しています。月一回発行のお便りのほか、学校で学習した内容をお家の人といっしょに振り返り実践できるよう、学習後タイムリーに発行しているものもあります。今回の食育だよりは、金沢の伝統野菜である「加賀野菜」を使った献立を考える学習の様子を載せてあります。

石川県金沢市立小立野小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(1.4MB)

「表面で現実に迫り、その実践レシピを裏面で」

千葉県船橋市立宮本中学校 栄養教諭・渡邉紋子先生

おたよりは、「給食室」と「子どもたち」だけでなく、「家庭・地域」「教職員」それぞれをつなぐ大切な架け橋。できるだけ、学校生活の中の「食の現実」に沿った内容で、読む人の身に迫るように!「へえ〜!」と言わせられるように!と思って作っています。表面に掲げたテーマを実践できるようなレシピを、裏面に掲載しています。

千葉県船橋市立宮本中学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「家庭・地域と連携して効果的に食育を推進する」

東京都練馬区立八坂中学校 栄養教諭・飯島敬子先生

今、学校で取り組もうとしている食育とは、教科指導等で得た食に関する知識、興味・関心を、意図的に学校給食の時間につなげ、体験を通して実践力を育み、望ましい食習慣の形成につなげていこうというもの。給食だよりは、学校で行っている食育を、家庭・地域に伝え、連携して効果的に食育を推進するために作成しています。

東京都練馬区立八坂中学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(2.1MB)

「年間計画に基づく食育情報を中心に」

東京都渋谷区立神宮前小学校 学校栄養職員・林和江先生

「ランチタイム」という名前は、ホッとするところがいいので、前任の栄養士が使っていたものをそのまま引き継ぎました。給食だよりは、保護者対象に月一回発行しています。内容は、①食育の年間計画に基づいたもの、②児童の様子、③献立の紹介、④時事にあった情報などです。内容を精選しきれないところが悩みの種です。

東京都渋谷区立神宮前小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(2.2MB)

「気分のりのり 病気なしなし」をめざして

千葉県市川市立稲越小学校 学校栄養職員・森永春美先生

本校では平成22年度野菜の残菜8%以下をめざし取り組み、10月以降5%未満と大変良く食べました。そこで、今年度は月1回食育の日(19日)を残菜0の日と位置づけ全校で取り組んでいます。ちなみに、6月は1%でした。また、図書委員会と連携した献立や、魚の食べ方コンテストを実施するなど、小規模校の特色をフルに発揮し、元気がでる給食を目指しています。

千葉県市川市立稲越小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.8MB)

「カードも使い楽しい食育」

東京都小平市立小平第六小学校 栄養教諭・白井ひで子先生

5月は「給食集会」で全校を対象に「バランスの良い食事」について取り組みました。主食+主菜+副菜が揃った食事がバランスの良い食事になることを説明して、全校児童に「赤・黄・緑」のカードを持たせ、主食の料理が黄色、主菜の料理は赤、副菜の料理は緑のカードを上げてもらうといった内容です。そのカードと一緒にこのおたよりを持ち帰らせて、家庭への啓蒙を図りました。

東京都小平市立小平第六小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.9MB)

「ランチタイムズとHP給食日記に想いを込めて」

東京都中野区立多田小学校 学校栄養職員・平野直美先生

食育に関することの他に前月の給食の様子や、本校での特色である地産地消・東京育ちのコーナーがあります。保護者の関心も深く、PTA誌が取材して掲載したり、PTA主催のイベントでも地産野菜の「すいとん」を作ったりするようになりました。給食を生きた教材として家庭に情報発信することにより、食育に繋げてほしいと願っています。
※ランチタイムズ(給食・食育だより)は異動しても使っている名前です。

東京都中野区立多田小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「家庭の食卓は食育の場」

東京都大田区立池上小学校 学校栄養職員・太朗良一枝先生

家庭の食卓を食育の実践の場と捉え、給食だよりを発行しています。今年度は「ステキな人になろう」を目標に、「食事のマナー」をシリーズで発信しました。本号は震災直後の発行であり、3月11日の震災の被災地が産地のひとつでもありました。「(給)食」を通じて、より身近なこととして深く考えるためにコメントも加えました。

東京都大田区立池上小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(1.3MB)

「旬の食品や地域の産物を紹介」

神奈川県川崎市立王禅寺中央小学校 栄養教諭・加藤栄子先生

本校は児童の実態から、「なんでも食べられる元気な子」を食育目標として、食に関する指導を進めています。ぱくぱくだよりでは、本校の食育を理解してもらうために、授業や行事活動、給食の献立、旬の食品、地域の産物などをとりあげ、家庭への啓発に努めています。今回は、日本の伝統食でもある味噌作りを紹介しています。

神奈川県川崎市立王禅寺中央小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「ホームページに掲載し、家庭・地域にも」

東京都足立区立綾瀬小学校 学校栄養職員・吉澤厚子先生

給食時に発行している「ランチつうしん」の裏面には、子どもたちが感想を記入できるようになっており、毎回たくさんの返事が届けられています。その感想は、毎月の「給食だより」の裏面に紹介しています。また、地域や家庭の方々との連携を深められるよう、本校のホームページで毎日の給食や給食だよりを掲載しています。今後も子どもたちが食を楽しみ、食を通じて健康に過ごすことができるよう、先生方と協力して食育を進めていきたいと思います。

東京都足立区立綾瀬小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「毎号に児童が作れるお弁当レシピ」

昭和女子大学付属昭和小学校 学校栄養職員・細谷純子先生

本校では毎月一回、給食など食生活について、多くの児童が関心をもつように給食だよりを発行しています。特に4月号では、厨房の様子をイラストにして紹介しました。また、今年度の学校目標「自分でできることは自分でします」に合わせて、お弁当を児童が作れるように、簡単にできるおかずのレシピを毎号載せています。

昭和女子大学付属昭和小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「親子で作る給食レシピを毎月掲載」

東京都新宿区立落合第四小学校 学校栄養職員・長尾美津江先生

給食は、栄養士からのメッセージがたくさんこめられています。毎日の「給食つうしん」や毎月の献立表、給食だよりを通してその想いを伝え、食への関心を高め、食を大切にする気持ちを育てていきたいと考えています。給食だよりの裏面では、その月の献立から1品を「親子で作ろう給食レシピ」としてイラストつきで掲載しています。親子で料理を作るきっかけになってほしいと思います。

東京都新宿区立落合第四小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「がん予防と生活習慣を特集」

東京都荒川区立汐入小学校 学校栄養職員・宮島則子先生

本校の給食の基本である「ご・ず・こん」&「カミカミ」を、家庭でも実践してもらうため常に啓発しています。そして「がん予防」を小学生から意識させ、生活習慣の大切さを伝えたいものです。8年間飼育していたヤギのプラムが、6月から馬頭で休耕地再生のため一役買っていましたが、残念ながら11月1日に他界。今回の給食だよりには、プラムが暮した馬頭の米とキウイを給食で使うことをお知らせしました。

東京都荒川区立汐入小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.4MB)

「和食へのこだわりを献立に」

東京都渋谷区立本町中学校 栄養教諭・細野清美先生

子どもたちの「和食」離れや「白飯」離れが目立つようになったのは、いつ頃からでしょう。白飯に汁物、おかずの三角食べ、口中調味の習慣も薄く感じられます。「ご飯に味噌汁」を基本とした食事へのこだわりは、今、給食のテーマとして日々献立に応用されています。「ご飯をしっかり食べる子」へ、ご飯に合う「和」の副菜、汁物は「生きる力」を授けてくれる礎と信じています。

東京都渋谷区立本町中学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「望ましい食習慣を身につけるため」

静岡県三島市立錦田小学校 栄養教諭・笹倉裕子先生

本校の給食は食育を推進するに当たり、学校・家庭・地域と連携をとることが大切と考えています。本年度より家庭用炊飯器を使用した完全米飯給食、生産者との交流、学校給食を活用した親子料理教室など四季を通じて、たくさんの地場産物を使用しています。魅力ある献立も考えて行きたいです。学校の食育は学校給食を中心に、子ども達が、望ましい食習慣を身につけるように推進していきたいです。

静岡県三島市立錦田小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「家庭の食育のエッセンスに」

北海道旭川市立近文小学校 栄養教諭・佐藤真由美先生

「親子の会話にひとふりのエッセンスを」――食卓を囲み、食に関するふとした話題が家庭の食育の基本と考えています。おたよりを通して、旬の味、旭川市の食材を生産する方々の苦労話しや、北海道遺産の食材を紹介したりすることを大切にしています。道内産の食材を家族で見直すきっかけになるように、情報発信中です。家庭の食育の手助け、エッセンスでありたいと思います。

北海道旭川市立近文小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「『もったいない』をアピールしたい」

東京都大田区立馬込中学校 学校栄養職員・佐野ふさ子先生

日々学校給食を提供しながら心を悩ます事があります。思春期を迎えた生徒の心理も影響していると思いますが、それは残菜の多さです。そして日本中で食べ物が廃棄されている現在、考えなくてはならない大きな問題ではないでしょうか?そこで微力ながら、地球環境を守るために「もったいない」を、モーくんの力を借りてアピールする給食だよりを心がけています。

東京都大田区立馬込中学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.3MB)

「学校と家庭が双方で、食の力を育みたい」

神奈川県逗子市立沼間小学校 学校栄養職員・内海真美先生

給食の時間は、子ども達が社会性を養い人間関係を築く機会となっています。また食べる体験を通して、友達との楽しい思い出とともに、食のアンテナを広げ、生活と密着した中で豊かな食習慣を身につけることができます。そのため、学校の食育は給食を原点として進めるべきだと感じています。そして子ども達だけでなく、家庭へも情報を発信することで、学校と家庭の双方から、子どもの食の力を育んでいきたいと考えています。

神奈川県逗子市立沼間小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「給食は食育推進の観点から」

東京都千代田区立千代田小学校 学校栄養職員・鈴木映子先生

本校の給食は、食育推進の観点から、1.安心安全でバランスのとれた学校給食の提供、2.給食献立を活用した食指導、3.郷土に根付く食文化を伝承する、など豊かな心を養う面も含みながら実施しています。※添付のpdfデータはこのような観点から「学校給食週間」に保護者・児童に行ったアンケートと、「給食試食会」で新一年生保護者を対象に行ったアンケートの集計結果です。

東京都千代田区立千代田小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「給食通信、給食だよりは目に見えるメッセージ」

東京都江戸川区立第二松江小学校 栄養教諭・大留光子先生

私たち栄養士は、給食という教材にたくさんのメッセージを盛りこんでいます。それは「味」として感覚器官や脳に伝達されてはいますが、目に見えないものです。そこで目に見えるメッセージとして、学級へ「給食通信」を届けています。これを「給食だより」に載せ家庭に紹介することで、親子のコミュニケーションづくりや食の関心等の啓発につなげられればと考えています。

東京都江戸川区立第二松江小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「かむこと、朝食などを中心に作成」

東京都新宿区立戸塚第一小学校 学校栄養職員・横山博文先生

今、子どもたちの食の状況を見ると、軟食嗜好や早食いなどから「かまない・かめない子」や、塾通いなどの夜型生活から「朝食の欠食」など、さまざまな問題が見られます。子どもの頃からの食生活等の生活習慣が健康に大きく影響することから、生涯にわたって健康な生活を送れるようにとの願いで、「かむことの大切さ」や「朝食の大切さ」などを中心に「給食だより」を作成しています。

東京都新宿区立戸塚第一小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「セレクト給食を毎月実施しています」

東京都足立区立舎人小学校 学校栄養職員・石井佐岐子先生

本校では毎月、郷土料理と世界の料理を取り入れたメニューや、主食や主菜の二品のうちから一品を選ぶセレクト給食を行っています。子どもたちが楽しみながら食べることで、給食に関心を持ち、食や地場産地を考えるきっかけになればと思います。食べ物が豊富に溢れている今、子どもたちにはどんなものを、どんなときに、どう食べれば良いのか、自分自身で考えて食を選ぶ自己管理力を身につけてほしいと願っています。今後は更に子どもと親が楽しんで読める、充実した給食便りを目指して頑張ります。

東京都足立区立舎人小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.2MB)

「家庭で伝えてほしい情報を掲載」

東京都目黒区立五本木小学校 栄養教諭・三浦恵理子先生

子どもの食育は、学校と家庭の双方で行われることが望ましいのですが、食育というと家庭では難しくとらえてしまいます。そこで、家庭で子どもに伝えてほしいことを啓発する内容を給食だよりに掲載するようにしています。また、子どもたちの食事風景や行事食の写真などを積極的に掲載し、学校でしか見られない子どもたちの姿もお知らせするようにしています。

東京都目黒区立五本木小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.5MB)

「毎回9割以上に読まれています」

千葉県船橋市立高根小学校 学校栄養職員・石井豊子先生

食に関する指導を行うためには、家庭との連携は欠かせません。学校から家庭に発信する食に関する情報には、参観日における授業や給食試食会、給食だよりなどがあります。中でも重要なのが給食だよりです。アンケートでは9割以上の保護者が毎回読んでおり、食の啓発の有効な手段となっています。今回は新1年生が給食を開始するにあたり家庭へのお願いのたよりです。

千葉県船橋市立高根小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.5MB)

「地域も巻き込んだローカル色を意識」

宮城県仙台市立西山小学校 栄養教諭・氏家幸子先生

食育の視点が多様になった現在、食に関する指導の守備範囲は大変に広くなってきました。学校給食は、学校における食育の中心となるものですが、とても栄養教諭や学校栄養職員だけで担うことは不可能です。校内では、教職員全員で取り組むことが必要ですし、保護者や地域の方の協力も大切です。そのような中での給食だよりは、食生活情報を発信する役割を担いつつも、我が校ならではのローカルなものがよいだろうと考えています。

宮城県仙台市立西山小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.4MB)

「親子が一緒に読めるように」

東京都豊島区立南池袋小学校 学校栄養職員・並木英巳子先生

給食だよりは、普遍性を持ち「食育」を広い角度からとらえ、学校の独自性がでるように努めています。これからも食に関する指導目標である1.食の重要性 2.心身の健康 3.食品を選択する能力 4.感謝の心 5.社会性 6.食文化に関すること、などの取り組みを重点に推進していくことが大切です。そして、家庭で親子が一緒に読める、充実した給食だよりを目指し努力していきます。

東京都豊島区立南池袋小学校の給食だより11月
給食だよりをPDFで見る(1.5MB)

「わかめのパワーについて探ろう」

東京都豊島区立南池袋小学校 学校栄養職員・並木英巳子先生

4年生に「わかめのパワーについて探ろう」というテーマの授業を実施致しました。海藻にはいろいろな種類や大切な働きがある事を知り、わかめ原藻を見ることで海藻に興味を持ち積極的に食べる意欲を持たせる事がねらいです。児童は原藻に驚きを見せたり、お湯に入れると色が変化していく様子を観察する事ができました。授業実施後は、給食の中でも食べる意欲を持ち貴重な経験が出来ました。

東京都豊島区立南池袋小学校の給食だより3月
給食だよりをPDFで見る(1.1MB)

「今回は魚の摂取増がねらいです」

東京都渋谷区立神南小学校 栄養教諭・幸田真紀子先生

本校の給食目標「食べることに関心をもち、自分で健康をつくる子ども」を目指して、「食に関する指導の全体計画」を基に給食時間、学級活動、教科と連携をして食育を推進しています。毎月の献立は新メニューを多く取り入れ、食べ物に興味や関心をもち、味覚の幅も広げられるようにと心がけています。今月の給食だよりは、もっと魚の摂取を増やしたいと思い、魚の栄養や献立紹介を載せました。「栄養ワンポイント」では最新の食に関するニュースや旬の食べ物について、保護者に情報発信するよう心がけています。

東京都渋谷区立神南小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.9MB)

「食べることを考えるきっかけに」

北海道旭川市立共栄小学校 栄養教諭・山田和美先生

毎年10月に郷土料理と世界の料理を交互に実施し、今年度は郷土料理です。いろいろな地方や国の料理を給食で紹介することで、食や地場産物に関心を持ち、家庭での食材の選び方などに役立つことを願っています。家庭の事情が様々になっている現在、子どもたちは与えられたものを与えられただけ食べるのではなく、何を、いつ、どのように食べるかを考え実行できる力を身につけてほしいという思いがあります。給食だよりを通じて、家庭での食事について見つめ直し、考えるきっかけになってほしいものです。

北海道旭川市立共栄小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(0.8MB)

「家庭の食育をバックアップします」

東京都墨田区立菊川小学校 栄養教諭・銭元真規江先生

給食は人と人のふれあいの場を深めながら、成長期の子ども達の心とからだの健康をつくる、大切な食事の場。給食を通じ子ども達に伝えているメッセージや食の話題や情報、食に関する授業の様子等を家庭に発信するのが、給食・食育だよりです。家庭での食育を進める橋渡し役を目指します。9月は夏休み明けの乱れがちな食生活の改善を目的に、栄養士会でまとめたキャッチフレーズを取り入れました。時節柄、新型インフルエンザも扱いました。

東京都墨田区立菊川小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(3.0MB)

「学校と家庭のパイプラインです」

千葉県市川市立南行徳小学校 学校栄養職員・大河原悦子先生

子どもたちに「生きることは食べることだ」と気づいて欲しいという思いがあります。給食は味を覚える勉強の時間です。だから嫌いなものでも一口ずつ食べることで味を覚え、「いつかは“美味しい!”と思って食べられるようになる」と教えています。そんな栄養士の思いや、子どもたちの様子、最新の食育情報などをタイムリーに伝えられるのが給食だよりです。学校と家庭を食育で繋ぐ大切なパイプラインです。

千葉県市川市立南行徳小学校の給食だより
給食だよりをPDFで見る(1.2MB)

「給食だより」募集中

皆さんの「給食だより」を下記にお寄せ下さい。
送付方法

  1. 学校(勤務先)名
  2. ご担当者様のお名前
  3. 役職
  4. 連絡先住所
  5. 電話番号
  6. PCメールアドレス

を必ず明記下さい。

送付先
〒102-0083 東京都千代田区麹町5-1 
理研ビタミン株式会社 業務用食品営業本部 営業推進部
『給食だより』係

お寄せいただいた『給食だより』を全て掲載するものではなく、選別(選考)の上、適宜ご紹介させていただきます。なお送付物の返却は致しませんのでご了承下さい。

※皆様の個人情報は、当サイトで紹介する際の詳細確認を目的に利用し、当該目的以外に利用することはいたしません。詳しくは弊社個人情報保護の取り組みについてをご覧ください。

ページの上へ